Scroll Top

オンラインミーティング  パレスチナのために❗パレスチナ人と考える🌒

2024年3月4日21時~   オンラインミーティング  パレスチナのために❗パレスチナ人と考える🌒

昨2023年8月、快医学として15年ぶりにパレスチナの首都ラッマーラで5日間のセミナーを行い、30人以上のパレスチナ人と交流を深め、帰国したわずか1ヶ月後の10月7日、パレスチナ、イスラエルで巻き起こった紛争の火種はその後、イスラエルによるパレスチナ人に対する大殺戮、紛れもないジェノサイド(この言葉はユダヤ人によって作られた。特定民族の抹消を目的としている)となって今も進行している。

この人類史上最大級の蛮行に対して、世界は鳴りを潜めたままだ。それどころか、差し伸ばそうとする支援の手を遮り、ジェノサイド成立を早める手助けをしているかのように見える。

2007年以降完全に封鎖されて来たガザ地区だけではない。6ヶ月前に一見平和に見えたヨルダン川西岸地区でさえ、多くの道路が封鎖され、地方の首長の謂れなき逮捕、拘束が始まっているという。分断化孤立化が目的なのだろう。流通を奪われ、リーダーを奪われた先に何が待っているのかは容易に想像できる。食糧難、パニック、飢餓などだ。そしてパレスチナ人の暴走、自滅を促して行くのだろう。

このまま、何もしないでいることは出来ない。明治学院大学国際平和学教授の平山恵さんに相談し、パレスチナ人の盟友たちに呼びかけてもらって、この機会を設けてもらった。

先ずは、現在たった今、目の前の現実を話してもらい、何ができるのか?何をするべきなのかを明確にしていきたい。

時間設定は21時スタートと遅い時間帯です。パレスチナ側のリーダーは有名な有機農業家で、中東だけでなく、ヨーロッパでも講演やセミナーを頻繁に行って来ていた方。

ミーティングの内容上、開催されない場合、突然中止になる場合もあることをお断りしておきます。(我妻)

問合せ:快医学ネットワーク事務局まで [email protected]

 

イベント情報​

トピックス

瓜生文庫の引越しに伴って 事務局よりお願い

快医学の創始者の瓜生良介氏(1935~2012)。    

その人生において、研鑽の日々を送られた瓜生氏のかたわらには、常に多くの本がありました。医学はもちろんのこと、哲学、歴史、政治、社会、美術、演劇、文学と幅広いジャンルに及ぶ蔵書には、瓜生良介その人の奥の深さをほうふつとさせるものがあります。

2023年09月17日